受ける前に知っておきたい輪郭の整形について

顔の整形には、頬や顎、額、こめかみなど部分的な箇所も含まれ、様々な施術が用いられます。施術にはプロテーゼの挿入から、小顔専用脂肪溶解注射、脂肪吸引、ヒアルロン酸注射・脂肪注入、エラボトックス・ボツリヌストキシン注射などがあり、永久的な効果を得たい場合には、頬骨削り・切りや、エラ削り、あご削り、Vライン形成、顎先骨切りなどの手術が用いられます。理想的な輪郭を希望する場合には手術による方法が選ばれることが多く、複数の施術を同時に用いることで、より大きな効果を得ることができます。
手術による方法を選択する場合にはメリットの他に、どのようなリスクがあるのか、また、トラブル例や失敗をした場合の修正に関して把握をしておく必要があり、事前のカウンセリングで十分に説明を受けた上で判断をすることが大切になります。

施術に伴う効果とリスクについて

輪郭整形の効果は、最も大きな点として顔全体の形を変えれる点があり、小顔にすることができます。例えば、顔の作りが男っぽい場合には改善することができ、女性らしさなど、相手にも良い印象を与えることができます。また、不安の1つでもある傷跡も残らず、きれいに仕上げることができます。
施術には、もう1つの不安として失敗に関する件があります。対象箇所が顔であることから失敗やトラブルを心配する人も多く、施術の種類によっては、知覚障害や、神経麻痺、出血などが報告されてます。そのために、受ける場合には高い技術を持つ医師が在籍するクリニックを選択することが非常に大切なことになります。また、実績のあるクリニックを選ぶことも重要な要素の1つになり、
設備面も含めて事前に情報を入手した上でカウンセリングを受ける必要があります。

手術に必要なダウンタイムについて

手術では、通常、前身麻酔が施されます。費用面では麻酔代として10万円程度かかることになりますが、痛さを感じずに受けることができます。他に、静脈麻酔や表面麻酔、硬膜外麻酔などの局所麻酔が使用されることもあり、この場合には痛みを感じることもあり、施術内容によっては組合せて使用される場合もあります。
ダウンタイムは、個人差はあるものの、概ね、3週間~1ヵ月程度の期間に腫れや口のリハビリを行うことになり、大きな腫れが3日間前後、全体的な腫れとしては約2週間程度続くことになります。ダウンタイムはできるだけ長めに取った方がよく、痛みがあるようであれば冷やすことで対処をすることができます。通常、クリニックからは鎮痛剤が処方されることになり、早く回復するためにも安静にすることが大切になります。