顔をいじる?輪郭を整形する時に注意したいこと

誰もが1つや2つは、自分の容姿に対してコンプレックスを持っているはず。自分の顔は完璧だと自信を持っている人は少ないでしょう。毎日鏡を見ていると、その顔に愛着が出てくるということもありますが、もしも鏡を見るたびに、つらい経験を思い出してしまう、人に何かを指摘されるという経験があったら、その顔をどうにかしたいと思うことも多いのではないでしょうか。そんなときの方法も一つが、自分の顔のコンプレックスを克服することですね。問題を克服することができたら、自分の容姿に自信を持つことも出来るでしょう。またその自信から、性格的にも明るくなったり、積極的になるなど変化が訪れることもあるのです。では実際に顔を大きく変える整形とはどんなものかご紹介していきます。

どこを変えると顔は大きく変わる?

先ず顔にはいろいろなパーツがありますが、どの部分を取って整形をしても、あれ?なんか変わったかな?と他人が思うことは少なくありません。いつも見ている顔だから、なんとなくわかる感覚なのですね。しかし目の場合、一重から大きく二重にかえてしまうと、他人にも明らかにばれてしまいますね。できれば、顔をいじるということはこっそり行いたいことの1つです。
また鼻をいじった時にも、鼻が団子鼻の印象だったのに、なんだか鼻筋が通っている形に変化してしまうと、顔をいじったということがばれることもあるのですね。細かいパーツはばれることもあるのです。それをふまえてもっと大きな場所、例えば顔の輪郭全体を変えてみるとどうでしょうか。顔の印象が大きく変化し、顔のパーツとのバランスが良くなり、印象を変えることが出来るのですね。

輪郭を変えることは、大きな手術になるの?

顔の輪郭を変えるということは、形を変えるということになるので、大きな手術になるのでは?と心配な人も少なくありません。確かに、骨で顔の形が形成されているので、削ったりしなくてはいけない部分もあるでしょう。例えばその削る部分としては、顎、えら、おでこなどが代表的です。しかしながら、最近ではとても多い整形の部分であるため、大掛かりな手術でもより精度が高まり、その成功率も高くなってきているのですね。
また単に削るというだけではなく、持ち上げる、引っ張るという形で変えることも出来るのですね。顔の形が変わるとその人の印象も大きく変わります。大きなパーツだからこそ、そこを変えるだけで、がらりと変わることも。これまで持っていた自分のコンプレックスもこれで解消されるかもしれませんね。