整形で顔の輪郭を変える方法について

整った顔立ちには顔の各パーツも重要になりますが、整ったフェイスラインにすることで全身のバランスが良く見えることになります。顔は、小さいほど相手に体のプロポーションの良さを印象付けることができ、輪郭の整形をすることで可能となります。
施術にはメスを入れるものから、切らないで行う内容のものまで数多くあり、受ける場合には、目的をしっかり持つことが重要です。一般的には施術前にカウンセリングを受け、説明が行われた後に受けることになりますが、医師に明確に目的を伝えることで、より適切な施術法を選ぶことができることになります。
クリニックの選択では費用の確認は必ず行う必要がありますが、最も大切なポイントは技術のある施設を選ぶことがあり、経験が豊富であれば、万が一のトラブルや修正にも安心して対応をすることができます。

どのような施術方法が用いられるのか

輪郭の整形を受ける理由には、例えば、引っ込んだあごを半永久的に前に出したい、頬の脂肪を取ってフェイスラインをすっきりさせたいなど、人によっても様々です。通常、小顔にしたい人、顎を前に出したい人、顎を後ろに下げたい人、おでこの段差を治したい人を対象に行われることが多く、対象内容によって選ばれる方法が異なります。
まず小顔の場合には、エラ削り、頬骨削り、あご削り、エラボトックス、バッカルファット除去の4つがあります。顎の場合には、出したい場合には顎プロテーゼ、下げたい場合には上顎セットバックや下顎セットバックの方法が用いられます。おでこに関しては種類が多く、ここでは、額形成、額シリコンプロテーゼ法、前額セメント、額アパタイト、額形成ヒアルロン酸があります。ほとんどの施術で大きな効果を得ることができますが、ヒアルロン酸の場合には軽度の形成方法となるために、定期的なメンテナンスが必要になります。

施術を行うメリットとデメリットについて

輪郭整形のメリットは、なんといっても相手に良い印象を与えられることがあります。顔にコンプレックがある場合には、髪の毛で隠してしまおうとしたり、下を向きがちになったりと相手を正視できない人も多くいます。また、顔全体のバランスだけでなく全身のプロポーションにも影響を与えるために、なかなか自分に自信が持てないという人もいます。施術は、これらの問題を解消することにつながり、全体的なバランスが良くなることで、生活においても積極性を取り戻すことができます。
一方デメリットとしては、施術法によってリスクが生じることと、高い技術を持つ医療施設が絶対条件になることがあります。リスクは適切な対処をすることで回避をすることが可能ですが、どうしても施術箇所が顔部分であるために不安も大きく、技術が低い医師による施術の場合には、傷跡が残ったり、左右差が出るなどの可能性が高くなります。施術を行う場合には、顎顔面外科と美容顎顔面外科専門のクリニックを選択する必要があり、顔全体に対応できる医師に依頼をすることが重要になります。